読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷川道子ブログ

東大大学院修了(ドイツ演劇)。東京外国語大学教授。現在、東京外国語大学名誉教授。

『三文オペラ』の稽古について

三文オペラ』の稽古について

 

 これだけの作品なので、どうやって全体を構築していくか、そのプロセスの全体を仕切る芸術監督で演出家の宮田慶子さんの、段取りの見事さと気合いの強さ、気風の良さにまずは真から感心。キャストは早めに決まっていたので、5月に台本作りの読み合わせと相談を制作の茂木さんを入れた3人で集中的に行い、6月には上演台本を作成して全員に配布、7月半ばに顔合わせ、そして最初の1週間は集中的な歌稽古。その後10日ほど歌と台本解釈も加えた全員の読み合わせ、そして8月に入ったらもう稽古場に装置が組まれて立ち稽古の開始、8月半ばには粗立ちで(?)、大体の流れが浮かび上がってきた。

 何せ、役者だけで40余名。ピーチャム夫妻を中心とする泥棒ワールドが10数名、メッキースの泥棒団が10名ほど、ジェニーを中心とする娼婦ワールドも10名近い。背後に警視総監ブラウン率いる警官たち――それぞれがくんずほぐれつする中で見えてくるこの世の集団力学、いわば民衆のエネルギーの化身のような『三文オペラ』という龍=ドラゴンが生命を得てうごめき始める。 

 いま、そこまで来ただけでワクワクなのだが、8月末からは生演奏の9名のバンドが入って、大きな稽古場も、現場監督のような宮田さんの名仕切りでも大変になるだろう。9月から仕込みに入って、舞台稽古開始だから、9月10日の初日には、魅力あふれた役者さんたちがそれぞれの顔と演技を競う『三文オペラ』ドラゴンが、大きな中劇場狭しと、どんな姿で果たして、立ち現われてくるだろう。どんなメッキースとポリーとジェニーが登場するか。幕切れは? ウーマンパワー炸裂となるか? あれもこれも、乞うご期待!!